獣医師

獣医師は犬・猫などペットとして飼われている動物のみならず、牛、豚、鶏、馬などの家畜動物、競走馬や動物園・水族館の動物など、ヒト以外の動物の診療を行う仕事です。

 

獣医師になるためには獣医師免許という国家資格の取得が必要となります。

 

獣医師の職務の対象はペットとして飼育されている動物の診療に限らず、家畜動物の治療や伝染病予防、流通する食肉の検査、動物愛護の啓発、検疫所での輸入動物由来の感染症の予防など、非常に幅広いものとなっています。

 

獣医師は、動物の診療や保健衛生指導などを通じ、動物の保健衛生・畜産業の発展・公衆衛生の向上に寄与する職業です。

 

獣医師をめざす

獣医師をめざすには、獣医学部のある大学に入学し、6年間獣医師になるための専門知識を学びます。

獣医学部・獣医学科のある大学は16校しか存在しないので、獣医学部に入学するのは狭き門といわれています(倍率は常に二桁といわれています)。また、私立大学の場合、6年間で1000万円以上の高額な学費が必要となります。

 

獣医系の大学に6年間通い獣医学の過程を修了すると、獣医師国家試験の受験資格を得ることができます。獣医師国家試験に合格すれば晴れて獣医師免許を取得できます。

 

獣医師になるまでの道のり

獣医師になるには、獣医学部(6年過程)に進学・卒業し、獣医師国家試験に合格し免許を取得する必要があります。

 

合格率は8割近いため、6年間しっかり学習していれば合格できる試験となっています。

獣医師免許を取得後は動物病院のほか、農協、動物園、水族館、食品会社、製薬会社などの一般企業に就職することが多いですが、中には検疫所や感染症予防業務などの公務員として働く人もいます。

 

 

 

 

 

 

 

獣医学部を設置している国公立大学

北海道大学・東京大学・東京農工大学・鳥取大学・宮崎大学・山口大学・岩手大学・大阪府立大学・帯広畜産大学・岐阜大学・鹿児島大学

 

獣医学部を設置している私立大学

麻布大学・北里大学・日本大学・日本獣医生命科学大学・酪農学園大学

 

資格種類:国家資格

将来性:良い

難易度:難しい

取得方法:獣医学部卒業

合格率:75.6%(2014年度)

コメントは受け付けていません。