薬剤師
薬剤師は、薬の調剤、医薬品の供給など、薬に関する事項を専門とする職業です。

薬剤師になるためには、国家資格である薬剤師免許を取得する必要があります。
薬剤師というと薬局や病院で薬の調剤をする、というイメージが強いですが、それ以外に医薬品の製造・販売や新薬の研究・開発、薬局の開設などの保健所業務など、幅広い分野で活躍しています。

また、病院におけるチーム医療のメンバーとしても活躍する、大変貢献度の高い職業です。

薬剤師をめざす
薬剤師をめざすためには、まず薬学部のある大学に入学し、6年間薬剤師になるための専門的な知識を学びます。
薬学部を持つ大学は私立を中心に70校以上あるため、比較的入学しやすいといえます。

薬学部の大学に6年間通い、薬学の課程を修了すると、薬剤師国家試験の受験資格を得ることができ、薬剤師国家試験に合格すれば薬剤師の免許を取得することができます。

薬剤師になるまでの道のり
薬剤師になるには、薬学部(6年過程)に進学・卒業し、薬剤師国家試験に合格して薬剤師免許を取得する必要があります。
薬学部の新設、課程年限の変更などがあったためか、年度によって合格率に変動があるため、試験にあたっては十分な学習が必要となります。
薬剤師免許を取得後は、薬局や病院に就職することが一般的ですが、製薬会社、保健所の職員として働く人もいます。

資格概要
資格種類:国家資格
将来性:やや良い
取得方法:薬学部卒業
合格率:63.2%(2014年度)

コメントは受け付けていません。