歯科衛生士

歯科衛生士は、歯科医療の現場で歯科診療の補助や歯科予防処置、歯科保健指導を行う仕事です。

 

歯科衛生士になるためには、看護師などと同様に、歯科衛生士免許という国家資格の免許の取得が必要となります。

 

歯科衛生士というと歯科医院で歯科診療の補助を中心としていると思われがちですが、小学校などにおける歯科保健指導(歯磨き指導)や介護の現場での歯科予防処置や歯科保健指導など、活躍の場は広いものとなっています。

 

歯科衛生士は、歯科医師とともに「お口の健康」を守る大変重要な職業です。

 

 

歯科衛生士をめざす

歯科衛生士をめざすためには、まず大学課程(歯学部口腔保健学科など)、歯科衛生士専門学校、短期大学に入学し、最低3年間歯科衛生士になるための専門知識を学びます。

 

教育機関に通い、その課程を修了すると歯科衛生士国家試験の受験資格が得られます。

歯科衛生士国家試験に合格すると、歯科衛生士の免許を得ることができます。

 

 

歯科衛生士になるまでの道のり

歯科衛生士になるには、歯科衛生士の教育機関(大学は4年課程、専門学校・短大は3年課程)に進学・卒業し、歯科衛生士国家試験に合格し歯科衛生士免許を取得する必要があります。

 

合格率は看護師国家試験同様、9割を超えており、しっかり学習していれば合格できる試験といえるでしょう。

 

歯科衛生士免許を取得後は、大半が歯科診療所や病院の歯科・口腔外科に就職します。

また、歯科専門学会が認定する専門認定歯科衛生士制度(インプラント専門歯科衛生士、日本歯周病学会認定歯科衛生士、ホワイトニングコーディネーターなど)により、専門的な知識を活かし活躍している人もいます。

看護師同様、非常に需要の高い職業となっています。

 

 

資格概要

資格種類:国家資格

将来性:良い

難易度:普通

取得方法:大学(歯学部口腔保健学科など)、歯科衛生士専門学校、短大卒業

合格率:95.9%(2014年度)

コメントは受け付けていません。