理学療法士

理学療法士は、身体に障害のある人に対し、主にその基本的な動作能力の回復を目的として治療体操などの運動や電気療法・マッサージ・温熱療法などを行う仕事です。

 

理学療法士になるためには、看護師などと同様に、理学療法士免許という国家資格の免許が必要となります。

 

一般的に考えられている加齢や事故による障害からの回復のみならず、脳卒中の麻痺や新生児の運動能力の発達の遅れ、内科や難病疾患患者の基本的機能動作の回復も理学療法士の職務の対象となります。

 

理学療法士はチーム医療の一員として、主にリハビリテーションの場で貢献する職業です。

 

 

理学療法士をめざす

理学療法士をめざすためには、まず大学・専門学校・短期大学などの理学療法士の教育機関に入学し、最低3年間理学療法士になるための専門知識を学びます。

 

超高齢社会の進行に伴い、教育機関がここ10年で増加したため、入学は比較的容易であるといえるでしょう。

 

教育機関に通い、理学療法士の専門課程を修了すると、理学療法士国家試験の受験資格が与えられます。

理学療法士国家試験に合格すると、理学療法士免許を取得できます。

 

 

理学療法士になるまでの道のり

理学療法士になるには、専門の教育機関(大学:4年課程、短大:3年課程、専門学校:3年課程ないしは4年課程)に進学・卒業し、理学療法士国家試験に合格して理学療法士免許を得る必要があります。

 

合格率は8割を超えているため、しっかりと学習していれば合格できる試験となっております。

 

免許取得後は一般病院やリハビリテーション施設、介護施設などに就職することが一般的です。

 

 

資格概要

資格種類:国家資格

将来性:やや良い

難易度:普通

取得方法:専門教育機関(大学、専門学校、短大)卒業

合格率:82.7%(2014年度)

コメントは受け付けていません。