医療事務

医療事務とは、病院や診療所で医療費の計算や患者さんとの応対を主とする仕事です。

 

患者さんの応対と、診療報酬明細書(レセプト)の作成、会計といった事務的作業の両方の能力が求められます。

病院やクリニックには不可欠な存在といえる、非常にやりがいのある職業です。

 

 

医療事務をめざす

医療事務を行うにあたり、特に国などで定められた資格はありません。民間の団体で医療事務に関する検定・資格が存在しますが、医療事務の仕事を行うのに必須のものではありません。つまり、資格がないからといって医療事務ができないわけではありません。

 

養成機関には短期大学、専修学校のほか、職業訓練施設にも医療事務を目指す人のためのコースを持つところもあります。先述の資格を取得するには、養成機関や通信教育で勉強し、試験に臨むことが一般的です。

 

 

 

医療事務になるまでの道のり

先述のとおり、医療事務には看護師などのように国家資格が存在するわけではありません。

しかしながら、専門性の高さゆえ、資格や検定を取得する人もいます。その場合は、養成機関や通信教育で勉強することがほとんどです。

 

医療事務の仕事は、電子カルテの導入に伴い、レセプトの作成から医療秘書、電子カルテの入力介助といった新たなニーズに重きがおかれつつあります。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

資格概要

資格種類:民間資格(無資格でも業務は可能)

将来性:良い

難易度:易しい

取得方法:(民間資格取得の場合)教育機関卒業、通信教育など

コメントは受け付けていません。